コラム

高性能で低価格!CUメディカル「CU-SP1」の優れた特徴11選。わかりやすく解説します。

CU-SP1

●安価でコストパフォーマンス優秀
●5年の長寿命バッテリー搭載
●一般向けの扱いやすいシンプル設計
●大人・小児モード切替で幅広い年齢に対応
●誤操作を防ぐセーフティガードつき
●最高水準の高い防塵・防水耐性
●耳の不自由な方でも使える安心設計
●オートボリューム調節機能つき

総合評価
最安値価格 198,000円税別(AEDコム見積もり)
メーカー/生産国 CUメディカルシステム/韓国製
保証/耐用期間 メーカー保証5年/耐用期間7年
一口メモ 低価格かつ高い機能性を兼ね備えたバランスの良いAED。コストパフォーマンスは業界最高レベルでトレンドの機能がほぼ網羅されています。一般の人でも扱いやすいシンプル設計で、大人から子供まで幅広い年齢層に対応可能。長寿命のバッテリーでメーカー保証期間内ずっと持続するのはこのCU-SP1だけ。

今すぐ無料で見積もりしてみる!

でんでん先生
でんでん先生
「CU-SP1」はCUメディカルシステムから2013年に発売されたAEDじゃ。

成人小児モードの切り替え機能付きで、電極パッドがプリコネクト型など、今のAEDのトレンドの機能がほぼ網羅された機種なんじゃよ。

にもかかわらず相場より低価格!機能と価格のバランスが非常に良いAEDなんじゃ!

マサル
マサル
安くて機能性も高いってのは嬉しいよね~。
でんでん先生
でんでん先生
ふぉっふぉっ!しかもそれだけではない!!

日常のセルフ点検や消耗品の管理がしやすいように工夫された作りになっていたり、バッテリーが他社よりも長持ちなど優れている点が多いんじゃ!!!

マサル
マサル
(ハッ!……で、でんちゃんが珍しく興奮してるッ……!これはもっと詳しく説明したい雰囲気だぞッ……!)

CUメディカル「CU-SP1」のココが凄い!11個の特徴をまとめて解説。

1. CU-SP1だけの5年間長寿命バッテリー

一般的にAEDメーカーの保証期間は5年間で、AEDバッテリーは4年が寿命のものがほとんどです。つまり、通常ならば保証期間中にもかかわらずバッテリーの買換えが必要になります。ちなみに、バッテリー価格の相場は約3万円ほど。

しかし、CU-SP1のバッテリーは5年という長寿命を誇っており、つまりメーカー保証期間内はバッテリーは持続するので交換する必要がありません。これは他社にはない優れた点で、私たちお客側にとっても販売側にとっても嬉しい特徴です。

でんでん先生
でんでん先生
ふつうのAEDはバッテリー寿命が4年。でもCU-SP1のバッテリーだけは5年。

基本的にどのメーカーも保証期間は5年を設けているから、この1年の差はとても大きいということじゃ。

マサル
マサル
たった1年、されど1年。

2. 交換時期が一目でわかるバッテリー残量表示

CU-SP1には3つのステータスインジケータがついていますが、その1つがこのバッテリー残量です。スマホのバッテリー残量を思い浮かべてもらえればわかりやすいと思いますが、あれと同じような表示があり一目で残量を確認できるようになっています。

スマホだと電池表示は当たり前ですが、他のAEDではのバッテリー残量の表示がないものもあり、消耗品の交換時期が非常にわかりにくいものもあります。

AEDは日常点検が必須でバッテリーもなくなる前に交換する必要があるので、視覚的にパッとみてわかりやすいのは早め早めの準備に役立ちます。

でんでん先生
でんでん先生
いざという時バッテリーが切れてたら最悪じゃ。気付かなかったじゃ済まんからの。
マサル
マサル
そっか~日常点検のしやすさってのも大事なんだね!

3. プリコネクト式の電極パッドで手間いらず

プロコネクト式とは、電極パッドがはじめからAED本体に刺さっているタイプのことをいいます。一昔前までのAEDでは、電極パッドと本体が分かれているのが一般的でした。

しかし、いざ緊急事態になったときに電極パッドのコネクタを本体に繋げる手間を省くためCU-SP1ではこのプロコネクト式が採用されています。無駄な動作が一つなくなりより迅速の処置できるようになっています。

でんでん先生
でんでん先生
最近のトレンドでは多くのAEDがこのプロコネクト式を採用しておる。CU-SP1も例外ではない。
マサル
マサル
たしかに、緊急時になってテンパったらコネクター刺す時にも手が震えて手間取りそうだもんね~。はじめから刺さってる方がありがたい!

4. 見やすい電極パッドステータスインジケータ

先ほどのバッテリー残量の他に、インジケータに電極パッドが正常に働いているかどうかを見分けるマークも表示されます。これも他社にはない機種もあります。

電極パッドもバッテリーと同じく消耗品で、約2年ごとに交換が必要になってきます。これも視覚的にパッとみて交換時期がわかるのは非常に便利です。

またCU-SP1では電極パッドの期限のほかに、導通性と乾燥の両方を感知します。ほかの機種でもどちらか一つを確認するものはありますが、両方確認するのはCU-SP1だけ。

でんでん先生
でんでん先生
電極パッドも消耗品じゃから日常点検は非常に大切なんじゃ。

乾燥したり故障してると使いものにならんし、常に正常な状態かをいつも自動で判別してくれてそれを目視で確認できるのは便利じゃの。

マサル
マサル
プロコネクト式のメリットと、このインジケータのメリットがいい具合に繋がってるんだね~。

5. 大人小児モード切替可能でしかもセーフティーガード付

大人と小児では適切な電気ショックの強さが違うため、大人用と小児用の電極パッドがそれぞれ必要な機種もありますが、CU-SP1は大人と小児の両方に同じ電極パッドで対応できるモデルです。

スイッチ一つで大人小児モード切替可能で、しかも誤動作を防止するセーフティガードもついているので事故を防ぐことも考えられて設計されています。

でんでん先生
でんでん先生
幅広い年齢層に対応できるというのはとても大事じゃ。

それに電極パッドは消耗品じゃから、一つの電極パッドで対応できるというのも省エネポイントじゃな。

マサル
マサル
しかもセーフティーガード付きってのが安全でいいね!

6. オートボリューム調節機能で音声を聞き逃しにくい

AEDは誰でも扱えるように、電源をオンにすると音声ガイドによって使い方を指示してくれますが、その音量をどのくらいにするかは非常に難しい問題です。

実際にAEDによって音量はバラバラですし、現場によっては騒音や喧騒などで聞き取りにくい場合も想定できます。

CU-SP1はAEDの中で唯一、この音声ガイドのボリュームを周りの音の大きさに合わせて自動で調節してくれるオートボリューム調節機能がついます。

でんでん先生
でんでん先生
現場の緊張感や騒音によって音声ガイドが聞き取りにくいとなると大問題じゃからの。これは意外に便利な機能なんじゃよ。
マサル
マサル
かといって常に音量マックスだと練習したい時とかうるさいもんね。オートボリュームなかなか便利だね。

7. エラー表示が見やすく失敗しにくい

CU-SP1のインジケーターは非常にシンプルでわかりやすく設計されており、バッテリーや電極パッドなどが正常ならば大きな「〇」が、異常がみつかれば「×」が大きく表示されるようになっています。

メーカーや機種によっては点滅するタイプや色が変わるものなど色んなタイプがありますが、中にはわかりにくかったり表示が見えにくいものもあります。

でんでん先生
でんでん先生
例えば点滅で知らせるタイプだと、認識するまでに数秒じゃが待ち時間があったりするんじゃ。。

一目で〇か×か表示されているのを確認するだけというのはわかりやすくていいの。

マサル
マサル
点滅だと、これどういう意味!?ってなる人もいると思うけど、〇か×なら誰がみても一目瞭然だもんね。

8. SDカードで心電図データの取り出し自在

CU-SP1にはSDカードが付いていて、心電図などのデータを自在に取り出すことができるようになっています。SDカードを普段からAED本体に差しておいてデータを蓄積することで、AED使用後に病院や消防でデータを分析し医療や救助に役立てることができます。

機種によっては赤外線通信で心電図データを取るというタイプのものもありますが、これはそのための機器を別途購入する必要があるため費用面でもSDカード付属は嬉しい特徴です。

でんでん先生
でんでん先生
医療や救助全体に貢献できて、データ抽出にも別途費用がかからないというのはありがたいの。
マサル
マサル
はじめからSDカードつけてくれてるのいいね。

9. 優れた防塵性と防水性のIP55

AEDのスペック面の一つに、IP○○という表示がありますが、これは防塵防水性能を表しています。とくに屋外で使用・保管する場合にこのIP値は大切で、数字が高ければ高いほど高性能になります。

古いAEDではIP21というような低スペックのものもありますが、CU-SP1は低価格にもかかわらずIP55という高水準を満たしています。

でんでん先生
でんでん先生
IP55は、防塵性能が5、防水性能が5というのをそれぞれ表しておるんじゃ。

このくらいの防塵防水性があれば安心じゃな。

マサル
マサル
いくら安くってもIP値が低かったら心配だもんね~。

10. 毎日自動でセルフテストを行ってくれる

最近のAEDのトレンドではありますが、CU-SP1も毎日機能に異常がないか、消耗品は切れていないか自動でオート点検してくれます。

さらに前述したように、CU-SP1はインジケーターがシンプル明瞭なので目視による点検も簡単で日常点検やメンテナンスがやりやいので、レンタルではなく一括購入でAEDを導入する際のセルフ管理の手間のハードルを下げてくれています。

でんでん先生
でんでん先生
毎日のセルフチェックは必須じゃ。いざという時はいつ起こるかわからんから、それに備えて常に万全の体制にしておくんじゃ。
マサル
マサル
らじゃー!ルーティーン化させておくといいね!

11. 海外にも持ち出せるAED

国内での使用に限定されているAEDもある中で、CU-SP1は海外にも持ち出せる多言語対応の便利なAEDです。ただし、飛行機の場合は機内へ手荷物扱いでは持ち込めないので、大きな荷物の中に入れて預ける必要があります。

でんでん先生
でんでん先生
旅行など行事ごとに携帯しておけるのは便利じゃの。
マサル
マサル
旅行先とかで予期せぬトラブルとかありえるもんね。

まとめ

このようにCU-SP1は、独自の利便性とAEDの最新トレンド機能を合わせもった機能性の高い機種です。また本体価格も業界最安値レベルで、機能性と費用面で非常にバランスの取れたAEDと言えます。

CU-SP1

●安価でコストパフォーマンス優秀
●5年の長寿命バッテリー搭載
●一般向けの扱いやすいシンプル設計
●大人・小児モード切替で幅広い年齢に対応
●誤操作を防ぐセーフティガードつき
●最高水準の高い防塵・防水耐性
●耳の不自由な方でも使える安心設計
●オートボリューム調節機能つき

総合評価
最安値価格 198,000円税別(AEDコム見積もり)
メーカー/生産国 CUメディカルシステム/韓国製
保証/耐用期間 メーカー保証5年/耐用期間7年
一口メモ 低価格かつ高い機能性を兼ね備えたバランスの良いAED。コストパフォーマンスは業界最高レベルでトレンドの機能がほぼ網羅されています。一般の人でも扱いやすいシンプル設計で、大人から子供まで幅広い年齢層に対応可能。長寿命のバッテリーでメーカー保証期間内ずっと持続するのはこのCU-SP1だけ。

今すぐ無料で見積もりしてみる!