こども

保活はいつから?何から始めるべき?成功を勝ち取るための3ポイントを伝授!

今や「保活」という言葉もすっかり定着し働くママにとって大きな問題となっていますよね。待機児童問題を抱えている地域ではこれから長い闘いになるかもしれません。

「保活っていつから始めるのがふつう?」「具体的に何したらいいの?」「待機児童にならないためには?」とさまざまな疑問や不安が浮かぶのではないでしょうか。

そこで本記事では、

  • 保活を始めるべき時期
  • 具体的に何をしたらいいのか
  • 保活を勝ち取る3つのポイント

などについて詳くみていきます。ではさっそく本題に入りましょう。

保活はいつから始めるべき?タイミングは?

始めるタイミングはママの仕事復帰の時期やこどもの誕生月によって異なります。認可保育園の場合、次年度の4月入園希望の申し込みを毎年10月〜11月頃に行います。それよりも前に保活をはじめていなければいけません。

1歳前の仕事復帰や入園を考えている場合は妊娠中からはじめることをおすすめします。

また早生まれのこどもを0歳から入園希望の場合は10月〜11月の申し込みが出来ないこと、生後57日以上の赤ちゃんでなければ入園できない保育園が多いことから、認可外も視野にいれた上で認可保育園の空きが出るまで認可外保育園を使用するというママも多くいます。

  • 認可保育園とは……国が定めた認可基準をクリアした認定施設のことで所得に応じて保育料が決定する。
  • 認可外保育園とは……市町村の基準が満たない保育園のことで年齢ごとに保育料を各園で設定している(保育料は高め)。

妊娠中の場合

まだ妊娠中だからとのんびりは禁物です。産後は本格的に活動できるように妊娠が分かったら母子手帳を貰うタイミングで相談してみましょう。産後は赤ちゃんのお世話で時間を取るのは大変です。活動しやすい妊娠中にある程度準備をすすめるとスムーズです。

仕事をしていて育児休暇を取る場合

仕事復帰の時期を家族で決めましょう。その上で情報収集を行います。役所へ相談・ママ友へのリサーチ・保育園見学などしっかりと行いましょう。

子どもが1歳を迎えてから復帰を希望するママもいますが、育休を早く切り上げて最も入りやすい0歳児クラスへ入園するママも多いです。1歳児クラスへ進級組がいるため枠が非常に少ないのが理由です。

産休のみですぐ仕事復帰する場合

多くの保育園では生後57日以上から預けることができますが、保育施設によって対象月齢が異なるため確認が必要です。

安定期を過ぎたら情報収集からはじめましょう。多くの保育園は4月入園のため途中入園は非常に難しいです。一つだけに絞らず認可外も合わせて選択肢として考えなければいけません。

これから仕事を探す場合

認可保育園へ入園する場合は、基準指数と調整指数の合計が高い人が優先的に入園できるようになっています。そのため育休中のママ達よりも指数が低く入園が難しいです。認可外の使用も視野にいれ役所で相談しましょう。

  • 基準指数とは……就労状況(勤務・就学)健康状態(病気・障害)などの保護者の基本情報を計算したもの。
  • 調整指数とは……ひとり親・きょうだいなどの家庭事情に合わせて加点や減点の調整をするもの。

例:ひとり親・認可外保育園・ベビーシッターを使用している・すでに兄弟が在園している(加点)

例:祖父母と同居・自営業・入園していない兄弟が家にいる(減点)

保活って具体的に何をしたらいいの?

情報収集

いかに正確な情報を多く集められるかが勝負です!インターネット・ママ友・先輩ママ・役所での情報収集を必ず行いましょう。インターネットでも多くの情報を集めることもできますが正確な情報を得るためには役所へ直接足を運ぶことです。

  • 希望園の前年度の募集人数
  • 申込者数
  • 最低点数

こういった情報はある程度教えてくれます。今の自分の指数で入園可能な園が大体わかってくるので参考にしましょう。

また、最近ではスマホで便利なアプリもたくさんあります。色々使ってみて自分に合うものを見つけてみてください。

保活に役立つ!ママさんにおすすめの保活アプリ6選!その便利な機能を徹底解説!保活と言えば情報収集が命!たくさんの情報をもっと簡単に知りたいと思ったことありませんか? 実際に保活を始めているママさんの多くは、...

保活疲れという言葉も存在するほど保活は体力勝負です。妊娠中に何度も役所へ出向いたり、赤ちゃんを連れての見学など難しいママには「保活アドバイザー」というサービスもあります。

地域情報や施設の情報収集、保育園見学や書類集めなどを代わりに行ってくれる有難いサービスです。参考までにどうぞ。

保育園見学

これから毎日通う保育園となると自宅から園まで、園から職場までと所有時間が気になるところですよね。徒歩なのか自転車なのかもしくは車で通園なのかで選択肢が変わってきます。

通園可能な保育園をはっきりとしておきましょう。そして見学に申し込んで、自分の目で確認するのをおすすめします。

見学をしないと申込みができない園や4月〜5月の早い時期から見学や説明会をしている園もあります。情報収集の段階で把握できるといいですね。

子どもは1日の半分を園で過ごすようになります。安心して預けられるかも含めて確認しておきましょう。

例)

  • 園の設備や雰囲気(先生や園児の様子)
  • 保護者の負担(用意する物・参加するイベントなど)
  • 保育の内容(外遊び・英語などの特殊教育・食へのこだわり・ミルク育児)など

認可・認可外保育園の申し込み

認可外保育園はほとんどが先着順で入園予約ができます。妊娠中から入園予約ができる園が多いため早めに入園予約がおすすめです。

第一希望の園に入れなかった場合でも安心して預けることができます。認可保育園へ入園するための基準となる調整点をかせぐことにもつながります。

保活に勝つ3つのポイント

その1. 自分の指数を把握した上で調整点を狙うべし!

ベビーシッターや一時保育を活用して点数を稼ぎましょう。より多くの点数をもっている家庭が優先的に入園となるためフルタイム共働きでも入れないことは珍しくありません。お金の負担は増えますがこの点数で優先度が変わってきます。可能ならば活用しましょう。

その2. 選択肢を広げるべし!

希望している園に入れないことは珍しいことではありません。第一希望だけに絞らず認可外も含めて第三希望までは決めておけるとスムーズに進められます。常にプランBを考えて次の手を打つのも作戦の一つです。

その3. 早めの行動(情報収集)を心がけるべし!

役所・ママ友・希望園の先輩ママなどから多くの情報収集とともに保育園見学で先生たちと交流を持ちましょう。直接話を聞いたり自分の目で確認することはとても重要です。見学の際に職員の方と交流をもつことで情報を得られる可能性も。

保活をするママ達の多くは妊娠中から行っています。子育て支援センターの使用や地域のイベントなどに参加することで情報を得ることもできます。入りたいと思ったときに行動を始めてもいい結果にはつながりません。早めの行動が成功のカギです。

保育所に多い死亡事故の原因と「保活」で失敗しないための5ポイント! 子育てをしながら職場復帰を考えてるママさんたちには不安がいっぱい。自分の仕事のことはもちろんですが、その前にまずは安心して子供を...
保活に役立つ!ママさんにおすすめの保活アプリ6選!その便利な機能を徹底解説!保活と言えば情報収集が命!たくさんの情報をもっと簡単に知りたいと思ったことありませんか? 実際に保活を始めているママさんの多くは、...

まとめ

いかがでしたでしょうか?保活はいかに多くの情報収集ができるかが重要です。母子手帳を貰うついでに役所に相談も悪くありませんよね。

早めの行動が成功を勝ち取ると言ってもいいのではないでしょうか。これから保活をするママとパパの参考になれば幸いです。