きほん

AEDで救命処置が可能な2種類の症状|突然の心停止時にとるべき行動や見分け方などをわかりやすく解説します。

マサル
マサル
ねえ、でんちゃん!もし目の前で人が倒れたとしてさ、AEDってどんな症状の人にでも有効なの?使っちゃいけない場合とかあるの?
でんでん先生
でんでん先生
ふぉっふぉっふぉ。いい質問じゃ。

AEDはどんな心停止にも有効なわけではなく、電気ショックを必要とする心停止と必要としない心停止があるんじゃ。

マサル
マサル
え~!おいらそんなのわかんないよ!どうやって判断するの?
でんでん先生
でんでん先生
基本的には電気ショックが必要かどうかはAEDが判断してくれるから、我々はそのアナウンスに従うのが一番じゃ。

じゃが知識として、どんな心停止状態にAEDが有効なのか? どんな心停止の種類があるのかを知っておくといいよ。

AEDというとなんとなく「電気ショックで止まった心臓を動かすもの」という認識を持っている方も多いのではないでしょうか。実はこれ、半分正解で半分間違い。

そこで本記事では、

  • AEDとはどんな救命処置が可能な医療機器なのか?
  • AEDによる電気ショックが適用される心停止の種類や症状
  • その他さまざまな心停止の種類

についてわかりやすくまとめています。それでは本題に入りましょう。

AEDの役割は痙攣した心臓を正常なリズムに戻すこと

マサル
マサル
AEDは止まった心臓を動かす機械じゃないの?
でんでん先生
でんでん先生
まあ間違いではないがの。正確にいうと、突然ブルブルけいれんして血液を送り出せなくなっている心臓を、電気ショックを与えることによって元の正常なリズムに戻すためのものなんじゃ。

その他にも中には「AEDは心臓を止めるためのもの」と認識している方もいますが、それはけいれんした心臓を一時的に止めることからそう言われています。

突然の心停止の多くはこういった心臓がけいれんする「心室細動」によって起こることが多く、AEDの電気ショック(除細動)によってこれを正常なリズムに戻すことができます。

そもそもAEDってなに?意外と知らないAEDの基本的なことをまるごと解決。 近年、テレビなどでもAEDについて取り上げられることが増えAEDへの関心は年々高まってはいますが、意外と...
でんでん先生
でんでん先生
心臓は血液を全身に送り出すポンプのような役目をしているから、けいれんしてブルブル震えてしまうとそれが出来なくなってしまうんじゃ。
マサル
マサル
おいら心停止って、心臓が完全にピーーーって止まっちゃうことかと思ってた。ドラマとかでよくあるやつ。
でんでん先生
でんでん先生
よくある勘違いじゃな。それは正確には「心静止」という。これは後ほどまた詳しく説明するとしよう。
マサル
マサル
血液が送られなくなるのがやばいってこと?
でんでん先生
でんでん先生
 そうじゃ。とくに危険なのは脳に酸素が送られなくなることなんじゃ。こうなるとほんの数分で死に至る。
マサル
マサル
(ハッ!でんちゃん前それ言っていた!詳しくは下の記事でチェックだ!)
AEDはなぜ必要?救命率がこんなに変わる!応急手当として重要視されるその理由をわかりやすく解説するよ。 近年ではテレビ番組などでも取り上げられるようになり、街中でもよく見かけるようになったAED。 ですが、そも...

AED電気ショックで救命率が高まる2種類の心停止症状

先ほどから少しふれていますが、AEDの電気ショックの使用によって助かる確率がグンッと上がるのが以下の2つの症状です。

  1. 心室細動(しんしつさいどう)
  2. 心室頻拍(しんしつひんぱく)

どちらも呼吸が止まり意識を失う危険性があります。それぞれの症状についてすこし詳しくみていきましょう。

1. 心室細動(しんしつさいどう)の症状

でんでん先生
でんでん先生
心室細動とはVentricular Fibrillation、通称VFとも呼ばれるんじゃ。
マサル
マサル
うん。(なんだこいつ……!急に英語でカッコつけだしたぞ?)

心室細動は、心臓の筋肉がけいれんを起こしてブルブル震える不整脈です。

本来血液をポンプのように全身に送り出す動きをする心臓ですが、心室細動になるとそれが出来なくなり呼吸もとまり意識がなくなって倒れます。

心室細動(しんしつさいどう)の症状

出典:最も危険な頻脈性不整脈「心室細動」

心室細動にもこのようにさまざまなパターンがありますが、どれも規則性がなくけいれんからただ波打っているのが特徴です。

2. 心室頻拍(しんしつひんぱく)の症状

でんでん先生
でんでん先生
心室頻拍とはpulseless ventricular tachycardia、通称VTと呼ばれるんじゃ。
マサル
マサル
ふーん。(もうやめろってーーー!)

AEDの電気ショックが有効なもう一つの症状が無脈性心室頻拍というもので、これは頻拍性不整脈という脈が速くなる不整脈の一種です。

心臓には大きく分けて血液を送り出す「心室」と、血液を受け入れる「心房」の2つの部屋に分けられます。心室頻拍の状態になると、血液を送り出す心室が正常なリズムではなく、無関係に通常よりも速いペースで規則的なリズムで動き、一種の興奮状態になります。

心室頻拍(しんしつひんぱく)の症状

出典:心室頻拍|心室起源の幅広QRS波<2>|不整脈の心電図(11)

結果的に、心室細動と同じく全身に血液を十分に送ることができなくなり、脳に酸素を運ぶこともできないため非常に危険な状態と言えます。

AEDの電気ショックが無効な心停止の種類

マサル
マサル
AEDの電気ショックが意味ない心停止ってどんなやつ?
でんでん先生
でんでん先生
ふむ。これも大きく分けると2つじゃ。
  1. 心静止(しんせいし)
  2. 無脈性電気活動(むみゃくせいでんきかつどう)

これらにはAEDの電気ショックは有効ではありません。それぞれ詳しく見てみましょう。

1. 心静止(しんせいし)の症状

心静止は文字通り心臓が静かな状態、つまり活動をまったくしていない状態です。よくドラマや映画などで心電図が「ピーーー」と横棒の線になっているあの状態です。

一般的なAEDは心臓のリズムを正常に戻すことができるだけで、止まったしまった心臓を復活させることができません。

しかし、一時的な心静止の場合は胸骨圧迫などの一時救命処置により心臓が動き出す可能性も十分考えられます。AEDが必要ないからといって救急車をただ待つのではなく心肺蘇生は必ず必要です。

出典:不整脈とその危険性について

2. 無脈性電気活動(むみゃくせいでんきかつどう)の症状

無脈性電気活動(pulseless electrical activity:通称PEA)とは、心電図上は波形を認めるものの、有効な心拍動がなく脈が触れない状態です。この場合もAEDによる電気ショックは有効ではありません。

ちなみに、無脈性電気活動(PEA)の心電図の説明は難しいものです。なぜなら「この心電図がPEAです」という波形がないから。

出典:急変時の対応~心肺停止の心電図

こちらの図のように、心電図としては一見正常な波形でも患者さんが心肺停止状態ならば、それは無脈性電気活動なのです。

心停止の種類は自己判断よりもAEDに委ねるべし!

マサル
マサル
でもとりあえずAEDつけたらさ、AEDが電気ショックが必要がどうか判断してくれるんでしょ?
でんでん先生
でんでん先生
そうじゃ。だから心停止している人に出くわしたらまずは119番。それからAEDを使用して電気ショックが必要かどうか判断してもらうのがいい。 
マサル
マサル
そうだよね!おいら目でみて判断できないもん。
でんでん先生
でんでん先生
また繰り返しになるが、どちらの心停止も電気ショックが必要ないからといって正常な状態というわけではなく、非常に危険な状態なんじゃ。

救急車をただ待つのではなく、その間の心肺蘇生処置は忘れないこと!

心停止に陥ると、1分間に約7~10%も助かる確率が下がっていきます。判断に迷うことなくできるだけ迅速にAEDと胸骨圧迫や気道確保などの一時救命処置を行いましょう。

【写真あり】AEDの使い方・手順・流れを日本一わかりやすく解説しよう。 日本全国でのAED設置台数は年々増えてはいますが、一般人が倒れている人を目撃して実際にAEDによる救命活動が行わ...
【2019最新】人が倒れた時の一時救命処置8ステップ!「心肺蘇生法ガイドライン」と「救急蘇生方の指針」をもとにわかりやすく解説します。 あなたはもし今、目の前で誰かが倒れたとしたら救命処置を行うことができますか? 119番通報...

突然の心停止に陥りやすい9つの要因シチュエーション

マサル
マサル
でもさ、心停止って怖いよね。いつどこでなるかわかんないじゃん。
でんでん先生
でんでん先生
そうじゃな。誰でも陥る可能性はある。

ただ心停止というのは突然何の前触れもなく起こることもあるが、中には前触れがみられるケースや傾向があるケースもあるんじゃ。

マサル
マサル
それ教えてよでんちゃん!
でんでん先生
でんでん先生
いいじゃろう。こういった傾向を知ること、前兆に気づくことでも心停止のリスクを下げたり予防することもできるからの。

心停止は、大きく分けると「病気によるもの」と「環境が影響するもの」に分けられます。それぞれでどのようなケースがあるか見ていきましょう。

1. 病気による心停止

でんでん先生
でんでん先生
成人の突然死のおもな原因が次の2つ。初期症状に気づき早めに治療を受けることが大切じゃ。

1-1. 急性心筋梗塞

心臓の筋肉に血液を送る血管がつまることによって起こります。急性心筋梗塞になると、心臓の動きが弱まったり心臓が突然止まってしまってしまう不整脈を起こしたりします。

1-2. 脳卒中

脳の血管がつまったり破けて出血したりすることによって起こります。脳に血液がいかなくなる脳梗塞、脳の血管がやぶけて出血し激しい頭痛に見舞われるクモ膜下出血などがこれにあたります。

2. 環境が影響する心停止

マサル
マサル
日常生活の中で、心停止が起こりやすい状況ってどんな時なんだろう?

2-3. 窒息

口や鼻から肺につながる空気の通り道に、食べ物やおもちゃなどが詰まることで息ができなくなり心停止に至ることも。とくにお年寄りや乳幼児に多いです。

2-4. お風呂でのヒートショックなど

家の中で一番心停止が起こりやすい場所がお風呂です。とくに冬はリビングなどと脱衣所や浴室の寒暖差が大きいと、血圧が大きく変動して脳卒中や心筋梗塞を起こしやすくなります。

2-5. 熱中症

熱中症とは体温が異常に高くなった状態をいいます。軽症の場合は立ちくらみやめまい、こむら返りなどの症状だけですが、ひどくなると嘔吐や頭痛、けいれんや意識障害などが起こり最悪の場合は死に至ります。

2-6. 運動中の心停止

運動中も心停止が起きやすいと言えます。とくに子供が学校内で心停止になるケースではほとんどが運動中に起こるものなのです。心臓に負担がかかることが一因ですが、精神的な緊張が心停止のリスクを高めるとも考えらています。

2-7. 心臓震盪(しんぞうしんとう)

心停止の特殊な例として心臓震盪があります。これは野球やサッカーなどプレイ中にボールが胸に衝突し、その衝撃が原因で心臓が不整脈を起こしてしまう心ことによる停止です。

2-8. アナフィキラシーショック

ある特定の物質がカラダの中に入ると、カラダが極端に反応して蕁麻疹(じんましん)や呼吸困難、血圧低下などの症状を起こし、最悪のケースでは心停止に至ることがあります。

2-9. 低体温症

寒い環境に長時間さらされて、体温が35℃以下になってしまった状態を低体温症といいます。この状態が進行すると呼吸や心拍が少しずつゆっくりになり、ひどい場合には心停止に至ります。

冬などにお酒を飲み過ぎたり、薬の作用などによって屋外で寝込んでしまったりするケースがあります。

でんでん先生
でんでん先生
このように、日常生活の中にも心停止リスクはたくさんある。

マサル君だってなる可能性はあるんじゃぞ!決して他人ごとではないということを肝に銘じておいておくれ。

マサル
マサル
(ギクッ!)いやほんと、おいらもお酒飲んでお風呂入ったり、飲み過ぎて寝ちゃったりすることあるから気をつけるよ~。

最後に

いかがでしたか?今回はAEDによる電気ショックが有効な心停止の種類、それ以外の心停止の種類についてお話ししてきました。

本記事でお伝えしたいことは、AEDや一時救命処置を行ううえで予備知識を持っておいてほしいということ、そして誰でも日常生活のなかで心停止に陥る可能性はあるということです。

心停止では一分一秒が生死を分けます。迅速な119番と救命処置ができるように本記事を役立てていただけると嬉しいです。

マサル
マサル
AEDの導入を検討している人はこっちも参考にしてね~↓